2012年01月02日

2012年の気になる映画

板尾創路の監督・主演「月光ノ仮面」以外にも気になる映画が多い。


1月14日に公開の「ヒミズ」

「行け!稲中卓球部」のマンガが原作で、園子温監督。

主演は染谷将太、ヒロインを演じる二階堂ふみさん。


2月18日に公開の「アフロ田中」

原作は「ビッグコミックスピリッツ」で連載中のマンガ。

彼女いない歴24年の24歳で強烈な天然パーマ田中広(アフロ田中)を俳優の松田翔太が熱演。

田中の家の隣に引っ越してきた美女・加藤亜矢を女優の佐々木希が演じる。

インパルス堤下の出演も期待。


春休みには、松山ケンイチと瑛太のダブル主演「僕達急行 −A列車で行こう−」

男同士の友情をユーモアたっぷりに温かく描いている。3月24日公開。


2010年に「マンガ大賞2010」と「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をダブル受賞した「テルマエ・ロマエ」

主演は阿部寛。キャストは市村正親・北村一輝・宍戸開など。ローマ人にふんする姿は必見だ。4月28日公開。


洋画での注目は、レオナルド・ディカプリオが、名匠・クリント・イーストウッド監督と初タッグの映画となる「J・エドガー」

主人公でFBI初代長官J・エドガーの20代から晩年の77歳までを1人で演じ切った。


「デビルズ・ダブル」

イラクの独裁者、サダム・フセインの息子のウダイ・フセインに顔が似ているという理由で、家族の命と引き換えにウダイの影武者を引き受けることとなった男の物語。


2012年は映画が熱い!

posted by yuki at 15:57| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年 期待の新作映画 板尾創路 月光ノ仮面

板尾創路が、監督・主演する映画「月光ノ仮面」(来年1月14日公開)

新年の映画はこの板尾創路の監督・主演作品「月光ノ仮面」に期待♪


■ 月光ノ仮面のあらすじ

敗戦の痛手から日本が立ち直り始めた昭和22年の満月の夜。

とある活町並みに、、顔中に包帯を巻いた男(ボロボロの軍服に身を包んだ姿)がやって来る。

その男は、客の笑い声に導かれるように寄席小屋へと足を踏み入れると

何とそのまま高座に上がってしまったのだ。

その男の正体は、落語家・森乃家うさぎらしいとのことだ。

将来を期待された人気若手落語家だったが、真打ち目前に、戦争に召集され戦地で死亡したと思われていた。

彼の突然の帰還を歓喜して受け入れる森乃家一門・天楽師匠の娘、弥生(石原さとみ)

うさぎと結婚の契りを交わしたかつての恋人である。

ところが男は全ての記憶を失くしていたのだ。

かつてうさぎが使っていた部屋に住み、森乃家一門としての生活を始めたものの、記憶は戻らない。

だが、自分が書き残したという帳面を受け取った時、何かの拍子に十八番だった古典落語“粗忽長屋”を呪文のようにつぶやき始める。

その後、森乃家小鮭という新たな芸名で高座に復帰する。

しだいに、その個性的な芸風が人気を集めていった。

そんな中で、もう一人の男・岡本太郎(浅野忠信)が戦場から生還。

その姿を見て、激しく動揺する弥生。

戦地から舞い戻ったふたりの男。ひとりの女。闇夜に輝く月。彼らの奇妙な運命はどうなるのか???
posted by yuki at 15:39| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。